ママが成長!赤ちゃん先生5つのメリット

2015/05/18


ママハタの看板プロジェクトと言えば、赤ちゃん先生
スタートから3年で、発祥の神戸・関西だけでなく、東北から九州まで全国各地で開催されるように。
この広がりの理由は何?きっと秘密があるはず!
ということで、赤ちゃん先生の魅力について紐解いてみましょう。

今回は、職場復帰したママ講師に赤ちゃん先生について聞いてみました。


教えてくれたのは、五関亜矢子さん。goseki2
海外旅行の添乗員として勤務し、年間約180日を海外で過ごしていたそう。
写真は添乗中の様子。
主な行先は、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ。好きな国はフランス。
出産後は、少しペースを落として添乗に復職。
添乗の仕事を続けながら、ママ目線で新しい旅のスタイルを提案できないかと模索中のママです。

五関さんは育児休業中に赤ちゃん先生を知り、
いろいろな人と触れ合うことは子供に良い影響があると思って始めました。
活動していくうちに、このプロジェクトは子供以上に、自分が成長するプロジェクトだと感じると同時に、5つのメリット感じたそうです。

そのメリットとは…?

goseki1


1.人との出会い


ママ講師たちは、年齢も、住まいも、環境も様々ですが、共通して言えることは、みんな社会意識がとても高いということです。
これから育児を通じてどう社会と関わっていこうかということを真剣に考えています。
そうした方々から刺激を受けて、私もこれからの人生について考え、出産・育児という経験を仕事でもプライベートでも「プラス」にするような生き方をしていこうと思うようになりました。
普段の生活では出会わなかったであろう人たちと知り合えたり、知り合ってすぐには話しにくいような深い話題ができるのは、「赤ちゃん先生の活動」という共通点があるからだと思います。


2.自分のスキルアップ


赤ちゃん先生の授業はステージのようなもの・・・同じプログラムでも、毎回違った内容になる、それがこの活動の面白いところでもあります。
授業の内容を左右するのは、ママ講師。
プログラムは決まっていても、状況に応じて、臨機応変な対応が求められます。
必要になる能力は、
・相手を楽しませ、気持ちを伝えるコミュニケーション力
・全体を見渡す洞察力
・赤ちゃんのアドリブに瞬時に応じる判断力
・当日ベストな状態で臨めるよう調整する管理能力
・みんなで良い授業を作り上げるためのチームワーク
などなどたくさんあります。
今までつちかったスキルを活かし、新しいことに挑戦することは、とてもやりがいがあります。
自己能力のアップに役に立っているのが、毎回必ず行う、ママ講師の感想シェアです。
ここで、他の人のやり方を知ったり、自分が気が付かなかったことを教えてもらえたりと、学びがあります。


3..赤ちゃんの力を体感できる


一人では生きていけない小さな命、でも人を明るく、元気にする絶対的なパワーを持っている、、、赤ちゃんの力って素晴らしいです。
老若男女を問わず、誰もが赤ちゃんと触れ合うと自然と笑顔が出る、赤ちゃんが人の心を動かしていることを目の前で体感できます。
そうした体験をすると、改めてその小さな命は社会の宝物、生まれてきてくれたことへの感謝や大切に育てていこうという責任感が湧き上がってきます。
赤ちゃん先生の活動をした日は、自分の心も感動に包まれて温かくなります。


4.自信が生まれる


産後に子供と二人きりで家にいる生活が続くと、社会と切り離されている不安や孤独を感じるようになります。
子育て支援施設や地元のママサークルに参加しても、出会うのは子育て中のママと赤ちゃんばかりで、社会とつながっている実感が持てませんでした。
育休中の私は、このままではちゃんと職場復帰できるのか、焦る気持ちでいっぱいでした。
赤ちゃん先生の活動現場は、学校、高齢者施設、企業などの実社会です。
そこで、サービスを受ける側ではなく、提供する側に立つ、これが自分も社会人として参加しているという自信につながり、もっと何かできるのではという前向きな気持ちを生み出してくれました。


5.子供との思い出作り


「赤ちゃん先生」は、近い将来誰もが知っている日本のスタンダードになる!と信じています。
それくらい、このプログラムは画期的で面白いのです。
ですから、息子が成長し、赤ちゃん先生の授業を受ける側になった時に、「あなたも赤ちゃん先生だったのよ」と言ってあげる日を楽しみにしています。
一緒に緑のTシャツ(赤ちゃん先生のユニフォーム)を着て写っている写真は、親子の一生の思い出になることでしょう。


 


子育て中だからこそできる赤ちゃん先生の活動を、ぜひ多くの人に知っていただき、体験してもらいたいと思います。


 


五関さんの締めくくりでの言葉は、赤ちゃん先生経験者から本当によく聞く言葉。あなたも赤ちゃん先生始めませんか??

赤ちゃん先生に参加するには、まず説明会へ。


あわせて読みたい